え、毛抜きでムダ毛を抜くのは危険?! 今すぐやめるべき3つの理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとって欠かすことのできないムダ毛のお手入れ。あなたはどのように処理していますか? もし、毛抜きで1本1本抜いているのなら、今すぐにやめてください。確かに「一度抜いてしまえばしばらく生えてこないから手入れが楽」という気持ちはわかります。しかし、毛抜きでの脱毛は大きな危険性を秘めているのです。そこで、この記事では、「なぜ、ムダ毛を自分で抜いてはいけないのか」について詳しく解説していきます。


  1. ムダ毛を抜いてはいけない理由
  2. 毛抜き脱毛によるトラブル対処法

1.ムダ毛を抜いてはいけない理由

毛抜きでのムダ毛処理は、さまざまなトラブルを引き起こす原因となります。毛抜きでムダ毛を抜くことによって起こる3つの悪影響を紹介しましょう。

1-1.埋没毛になってしまう

毛抜きでムダ毛を処理していると埋没毛になる恐れがあります。埋没毛とは、皮膚の内側で毛が成長してしまった状態のことです。これは、毛を抜いた後に毛穴がふさがり、新しく生えようとする毛が皮膚の外に出られなくなることで起こります。皮膚に黒いポツポツが目立つほか、かゆみや痛みを伴うことも少なくありません。

1-3.毛穴に雑菌が入り炎症が起こる

脱毛した部分が炎症を起こし、赤く腫れてしまうこともあります。毛抜きで無理に脱毛すると毛穴が開いた状態になるため、雑菌が入りやすいのです。最悪の場合、炎症を起こした部分が化膿し、毛膿炎などの皮膚病を引き起こすこともあります。

1-3.シミの原因になることも

毛抜きで毛を抜き続けていると、毛穴付近にシミができることもあります。これは、毛を抜くことによって皮膚が刺激を受けると、防御反応として大量のメラニンが生成されるためです。メラニンには外部の刺激から皮膚を守る役割があるのですが、皮膚の黒ずみやシミを引き起こす要因でもあります。日常的に毛抜きによるムダ毛処理をしている場合、メラニンの生成が過剰となり、シミが残りやすくなるのです。

2.毛抜き脱毛によるトラブル対処法

それでは、毛抜きによる脱毛が原因で皮膚にトラブル起きてしまった場合はどうすればよいのでしょうか? トラブル別の対処方法を紹介します。

2-1.埋没毛になってしまったら

埋没毛になってしまった場合、皮膚を傷つけて無理やり引っこ抜こうとするのは厳禁です。肌を傷つけるだけでなく、跡が残ってしまう恐れもあります。自分で何とかしようとせず、早めに皮膚科などの医療クリニックに診てもらってください。

2-2.炎症を起こしてしまったら

毛穴が炎症を起こしてしまった場合は、迷わずに皮膚科に行ってください。大抵の場合は、塗り薬や抗生剤などの簡単な治療で治すことができます。治療費は2,000〜3,000円程度というのが一般的なようです。

2-3.シミになってしまったら

シミができてしまった場合は、まず毛抜きを使うのをやめ、これ以上刺激を与えないようにします。そして、シミを薄くするためには、皮膚のターンオーバーを促すことが重要です。ビタミンCが含まれた食品をよくとり、美白効果のある美容液を使ってスキンケアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加